toggle
2018-04-29

蠍座満月『重苦しさとともに、変容の只中にある。まだ見えない本物の〝力〟はここから生まれる。』

2018.4.30 9:58 蠍座 満月

今宵、夜空には満月域の美しい月が艶やかに輝いています。

蠍座満月です。

前回の牡羊座新月の記事で、

ここでキーポイントとなることは、この才能・資質のキャリアアップに伴う豊かさの実現には、大きな転換をせざるを得ないことがセットとなるでしょう。

また、こんなにキャリアアップだ豊かさだ盛り上がっていますが、まったくうだつが上がらないというパターンの方がかなりの割合でフィットするかもしれません。

挫折に伴う軌道修正の時期ともいえるので、深刻な人生と思ってしまうほどの強制的な出来事を経験する(している)場合も考えられます。

と書きました。

これは、牡羊座新月チャートにおいて山羊座冥王星が変化のプレッシャーを与えていたことによるものですが、

多くの人の中で、この牡羊座新月〜蠍座満月スパンの間で、ちょっと深刻というような出来事が起こっていたかもしれません。

個人から見れば〝挫折的〟なのですが、冥王星(宇宙意志)から見れば〝軌道修正〟のタイミングだったということです。

冥王星の詳しい影響云々は省きますが、これは個人の今までの目的意識や、生きるための指標となる何か、的なもののある種の挫折です。社会的肩書きにおける挫折かもしれません。

これらについての挫折ということは、表面的には結構な、いや、かなりショックを感じている(感じていた)状態かもしれません。

ある目的意識を失ったということかもしれませんし、

今まで信じてきた指針を失った、ということかもしれません。

端的にいうと、これまでの生きる指針となっていた〝ひとつの私〟が、一度なくなる。壊れる。終了する。無になる

それはある種の死ともいえます。

「今の中には、自分の見つけるもの、探すものはないだろう」というふうに思った人もいるかもしれません

でも、この深化によって、ここで隠れていた真価(進化)が目を覚まします。

ここからが〝蠍座〟という〝生きる力の根源〟の本領発揮となるのですが、この「崖っぷちからの蘇り」が冥王星と関係します

そして蠍座満月の本領発揮は、壊れた後に、蘇生の過程に入っていくのです。

今回はガツンとした挫折でなくても、何かしらの進路転換のような、軌道修正があれよあれよと行われた、状況が勝手にそうなったということがあったかもしれません。

普通の変わらない日常を普通に選択しているけど…ということももちろんあるでしょうが、比較的強制変化で何らかの軌道修正が大なり小なりあったはずです。

勝手に役割転換を命じられた、とか、今までとは違う方向に向かうな〜、とか、自らそっちに行こう(移行)と思っていたみたいな感じです。

これが今年の春分から実際的な始まりのタイミングとなった牡羊座新月のアクションです。

ヤバイんです。リアルなんです。2018年。

 まぁこういう時代になってくると、「変われる力」を表す柔軟宮(双子座、乙女座、射手座、魚座)の要素や、現代においてあまり重要度が問われなかった第3、第6、第9、第12ハウスといったところがとても重要になってくるのですが、

ホロスコープにおいてこれらの場所以外に星がいっぱい集まっている人はちょっときついかもしれませんね。

ちなみに私の周りを見ても、まさにこの軌道修正のタイミングの方々が沢山います。

特に女性はナチュラルに星々と連動している人が多いので尚更です。

今回は特に職業、現在の社会的立場、キャリア、健康関係において軌道修正が顕著だったかもしれません。

その流れを汲みながら、この満月のタイミングで、自己の深い集中や洞察とともに大いなる変容を迎えようとしています。

 

この蠍座満月チャートで浮き彫りになってきそうなのは、個人の中で、実際的に何らかの対立した価値を維持するのに相当に執着するような心情がありそうということです。

それが蠍座月、牡牛座太陽の満月ラインと、獅子座セレス&ドラゴンヘッド、水瓶座ドラゴンテイルのノード軸ラインのかなりタイトな十字に架かったグランドクロスなのですが(天体のみのアスペクトセオリーを外して考えて)、

この蠍座満月のタイミングで何らかの価値を維持することに執心することがあるかもしれません

個人の内面において、今まで維持してきた社会看板の価値、変容に伴う隠されていた価値(まだ見えない真価)、表世間で築かれていた集団性やコミュニティーにおける関係性の価値、そして純真な個としての存在価値、といった形でざっと4つの異なる対立した価値観の反発が起こっている感じです。

この苦しい実際的な影響が大きいであろう固着宮のグランドクロスは、限られた一つだけの物事に執着することができません

その場合、自分自身の中にあるこれらすべての価値観を網羅できる生き方の全体的な構造化にこだわるしかない展開となります

ここがミソです!

それは〝価値観の横並びの統合〟への構造化です。

まあ、ワンネスとかユニティーとかホリスティックなどと騒がれる昨今で、これをリアルに体現実現して生きている人は、現時点では私はほぼまず会ったことがないです。

悲しいかな、有名で著名で立場がある人でさえも、言わずもがなヒエラルキーです。

これは1+1=2にならない、1+1=11であるという、アクエリアスの価値観のリアル構築でないと到達しないポイントです

魚座の時代を生きてきた私たちにおいては、超スーパースペシャル超絶ハードなテーマでもあります。

「違いの排他」だから、結局戦争(内なる戦いも含めて)はなくならない。

「違いの共存」にならない。

まずは自分自身の中で、身近な人の中で、社会全体の中で違いの共存を〝うわべでなく〟心から実現していく他にないということです。

すごいバージョンアップですよね、これは。

またこの段階では、なんでも決めていかないと動けないという重苦しさも相当に強くなりそうですが、

ここにきてすべての価値観を共存させることができる、変わらない普遍的な価値を追求することに、粘り強く強力に集中力を発揮していくタイミングとなっています。

この粘り強さが蠍座の真髄です。

本当の意味の力というか強さという意味でいうと、最強なんです、蠍座って。軽いとかぼちぼちとかまあまあとか普通とかそれなりにとか並にといったキーワードの頭文字の吐息すらないのです。

満月ラインを第1ハウス獅子座セレス&ドラゴンヘッドとのTスクエアで考えると、表世間で築かれていた集団性やコミュニティーにおける関係性の価値に対しては、今は大きくこだわる必要はないでしょう。

今回は第1ハウス獅子座セレス&ドラゴンヘッドがものすごく重要ポイントとなります。

それは、とにかく自分がやりたいことのクリエイティビティーを育む〟ということです。

今までどれだけ強調してきた言葉でしょうか。。

昨年の獅子座の蝕以降からものすごく強調されているテーマですが、もぅずーっとずーっとこれでもかとこれでもかと強調され続けています。

これには、自己肯定→自己尊重→強い意志→目的(純粋な意図)→勇気→自己表現(行動)=創造という感じで、

クリエイティビティーを育むためにはざっとこれくらいのステップを踏むことになります。(どこでつまずいているかを確認できるとよいです)

子どもは勝手にこれをやっていますが、私たち大人は世間から外れないように外れないように、出る杭にならないようにならないように生きながらえようとしてきたため、

このクリエイティビティーというものをスプラッシュさせないように(世間で浮かないように)、ドラム缶 コンクリート殺人事件ばりにガチガチに封印してきました。

これは世間で浮けと言っているのではありません。

要は、「私はこうする!!」といったことを、自分のパーソナリティーの育成においてこれでもかとフォーカスする必要があるということなのです。

別の言い方をすれば、「私の芸術を生きる!!」です。

皆さまの人生の芸術ってなんでしょう?

その生きるパッション(芸術)が、個性を輝かせて、その輝きによって他者を惹きつけるという関係性の循環が生まれてきます。これは違いの共存につながる生き方です(獅子座と水瓶座の循環)。

純真な個としての『私はこうする!!』を継続的に、継続的に、継続的に、継続的に成長育成させ続けることがとても大切なテーマとなっています

ここは山羊座の土星力が大切です。

表面的な自分維持への忍耐に使うのではなく、純真な個としての『私はこうする!!』への忍耐にパワーを注ぎましょう純潔なる火のベスタもそれをサポートしています

そして山羊座土星は仮初めの個性をじわじわとじわじわと厳しく削ぎ落とし続けることになりますこれが現在は労働と健康に関する場面でやってきています

さらに仮初めの個性の削ぎ落としは2020年の末まで、じわじわとじわじわと続きます。

約30年のサイクルで一番削ぎ落としの力が強まる山羊座土星期でもありますから、尚更です。

また、第1ハウス獅子座セレスも意図的すぎる位置にいて、これは子供のように率直な熱中を示す場所です。

そしてドラゴンヘッド(今生の魂の向かう先)とのタイトなコンジャンクション。

さらにセレスのアーキタイプも蠍座満月と連動してきます。

セレスは〝失うこと〟とも関係しますから、ここにきて、今までトライしてきた人生における自己喪失(アイデンティティークライシス)が起こるということも一つの大切なパターンとなるでしょう。

過去から今現在までの人生の目的意識や習慣を、良い意味で断つことになる、失うということです。

セレスは牡牛座と蠍座の両方のアーキタイプに関係しますから、この満月チャートは相当な〝強制シフト〟のTスクエアです。

〝ブッダが生まれ、覚醒し、亡くなったのは、牡牛 – 蠍の満月の間であった、彼は、執着(牡牛)と死(蠍)を心から解放させることについて教えた…〟

セレス(デメテル)は娘に執着し、死の儀式を行ったことから、牡牛と蠍の持つテーマをつかさどります。

執着と別れ、損失、死と再生、悲しみにどれほど耐えられるか…そして共有することとは…

今までの人生における自己喪失。

この蠍座満月は、私たちの死と再生の道標でもあるというセレスのアーキタイプを地で行くものとなるでしょう。それは大いなる愛のパワー(月=存在の土台)の復活ということでもあります。

その蘇生は一人単独のようで、実はそうではない。特定の仲間、深い縁のある関係性において強固な力で始まっていきます。これぞ蠍座パワー。

一度培ってきたものを失い、そこからまた耕し、養い、共に成長させていくということです。

ホロスコープを木に例えると、根っこの部分はどこだと思いますか?

それは、第4ハウス(月)です。

この第4ハウスの蠍座満月。

私たちは根っこを入れ替えて、新たに発芽する時にきているということです。

未来に花開くオリジナルの種は、今ここから芽吹くということですね。

それをセレスがドラゴンヘッドと重なり、私たちの魂の行く末を、大いなる慈悲と愛情で導いてくれています。

まさに、グレートマザー(=デメテル=イシス=セレス)ここにあり。

ガイアの継承者のお働きに感謝です。

もう、女神たちの働きなくしてはこの世は回りませんね。

女神たちがいかにサポートしてくれているかをわかっていただけたら嬉しく思います。

 

また、天上の牡羊座の天王星がノーアスペクト(他の星と関係性を持たない)です。

個の力を解放するために、このタミングで独立心と独自性が干渉を受けない状態です

これは牡牛座に独創的で純粋なオリジナリティーのエッセンスを持ち越す準備です。天王星牡羊座時代の大晦日期間となったとでも言いましょうか

ただし29度の天王星は、7年間分の牡羊座の開拓をここでやりきり(もう過去〜今までの開拓に執着していても日の目は見ない)、今度は大地に豊かに実るためのエッセンスのパワーを種子に封じ込めて発芽させる時節となったのです。

7という数字は、私たちの一週間というサイクルにも表されるように一つの節目のサイクルです。

また7年というのは、土星(現実化)の公転周期の約1/4というサイクルで、「本来実現する個の社会性」というレールに対して軌道修正が入るタイミングです。

春分以降の初めての新月である牡羊座新月〜蠍座満月の軌道修正のタイミング。

そして、それは5月16日からの天王星牡牛座時代の突入による〝個の本当の力の解放〟へとつながるステップとなります(5月15日が牡牛座新月)。

喜びの豊かさの方向に、力強く踏み出しましょう!!

             ↓    ↓

イベントのご案内

……………………………………………………

祝!! 天王星牡牛座時代☆ 天王星牡牛座チャート解説〈Zoomナイトオンライン講座〉』

ついにこの5月、革命の星、天王星が牡牛座へ移動します!

7年ぶりの星座移動です!

2011.3.11 とともに、私たちに悲しみや苦悩と同時に希望をもたらしてくれた天王星。

当時は天王星が魚座から牡羊座へ入宮する節目となるタイミングでした。

今回の天王星の移動は、5月15日夜に牡牛座新月が起き、その3時間半後(5月16日)、新月で舞台が整った牡牛座にやってくるという形で、素晴らしい演出がセットとなります。

新月のタイミングと天王星の移動がほぼ重なるという、5月15日夜〜深夜の牡牛座ブレークスルー。

星々の演出は最高の舞台を整えました。

この天王星牡牛座時代における個人解放エネルギーは、私たちにどんな影響と変化をもたらしてくれるのでしょうか。

誰でも皆が求める「豊かさ」についての価値観。

これからの豊かさ?? 物質的現実生活と牡牛座。

その未来の方向を指し示すテーマは??

そしてあなたの「〇〇」が鍵となる。。

今回は、牡牛座新月直後の牡牛座天王星入宮チャートの解説を行います!

新たな時代の到来を、共に共有し、祝福しましょう!

携帯やインターネットがつながっていれば地球上のどこからでも参加できる、zoomオンラインナイト講座です。

この日は熱めに楽しくトークしていきたいと思います〜♪

※解説プリント付き。当日視聴できない方も、後日視聴可能(4日以内の視聴期限付き)。

日時: 2018年5月15日(火) PM21:30〜22:30(時間の中で、質疑応答を設ける予定です)※牡牛座新月が15日 20:48、天王星牡牛座インが16日 0:18です。

料金: 5,000円

場所: Anywhere!!

講師: ウェルビーイングクリエイター 杉山洋一

内容: 2018年5月16日の牡牛座に天王星が入ったタイミングのホロスコープチャート解説をZOOMオンライン動画で行います(レポート付き)。また、星々は全体の意図に則ってそれぞれの役割を担いますが、天王星牡牛座入宮時に関わる星々の意図を重要視解説していきます(特に女神星たち)!!

◉当日の視聴ができなくても、4日以内のYou Tube 動画視聴が可能です。(お申し込みの方全員に動画を送ります)

支払方法: ゆうちょ口座/ペイパル(別途220円の手数料がかかります)

 申し込み方法: ethical.cosmic@gmail.com まで

メールにて、件名:「天王星牡牛座ZOOM解説」、本文に、お名前(フルネーム)/レポートとZOOMのIDを受け取るメールアドレス/ご希望の支払方法/を明記してお知らせください。後ほど支払詳細をお知らせいたします。

※ZOOMリアルタイムオンライン講座について

アカウント作成不要!(事前のアプリケーションのインストールのみでOK

接続方法は送られてくるIDを入力するだけ!

PC、スマホ、タブレットから接続可能(3G回線でも繋がりますがご契約の3G通信料はかかります

安定的な接続による音質と画質

インターネット環境があれば国内国外問わずどこからでも視聴可能

お家で楽々、自分の時間を無駄にせずにサックと情報が得られます

・忙しい現代人の時間の使い方や、双方のメリットにおいて非常に有効なツールとなります

……………………………………………………

 

関連記事