toggle
2018-02-15

水瓶座新月【◉部分日食】〜オリジナルという、常識が始まる〜

2018.2.16 6:05 水瓶座 新月(部分日食)

はーい。水瓶座新月です。

ちょうどこの日から太陰太陽暦の旧暦では1月1日(旧正月)を迎えます。

今回は部分日食ですが、地球から見られるのが南米南部や南極などの地域のようで、日本では観察できない日食となります。

ただし、地球で起きる日食なのは変わらないので、日食のエネルギーはちゃんと降り注ぐことになります。

日食は太陽 – 月 – 地球が一直線上に並ぶときに起こります。

要は、新月のときに日食となりますが、今回は地球が月の半影の中に入ることで太陽の一部分が欠けて見えるために部分日食が起こります。

日食にしても月食にしても、太陽の通り道である黄道と月の通り道の白道が交わる点である、ドラゴンヘッド・ドラゴンテイルの近辺で新月や満月が起こる時の現象なのです。

今回はドラゴンテイルの近くの新月ということで、部分日食が起こることになります。

このお互いのドラゴンポイント(食が起こるポイント)は、占星術ではノードと呼ばれ、私たちの魂の成長・進化に深くかかわるポイントです。

そして占星術において、「日食」でもたらされる闇は、私たちの見えない内面の最深部に通じていくものと考えられています。

奥深いマインド・スピリットに働きかけ、日食星座(水瓶座)のエネルギーがアクティベートされ、新たな展開へシフトするタイミングということになります。

私たちの魂が地球に滞在している間に、宇宙が求めるバランスを地上にもたらすために、今、発揮するエネルギーが「水瓶座」であり、「水瓶座」のエネルギーがこの日食で私たちの潜在意識に組み込まれていきます

今このタイミングで、水瓶座の表す「革新・改革・個 同士の違いの認め合いと調和・多様性・博愛・自由・未来方向」のエネルギーで魂のバランスを取ることが求められているといってよいでしょう。

さらに、ついこの間の獅子座の食とセットで「個性」の飛躍という大きなテーマが見えてきます。

獅子座と水瓶座はお互いに同調し補い合うエネルギーを持っていますが、それは、簡潔にいってしまえば「個性」のエネルギーです。

そのため1月31日の獅子座の食と、この2月16日の水瓶座の食によって、「個性」というテーマにおいて大きなステップアップを遂げていく時節となっています。

この獅子座 – 水瓶座コンビは、去年から繰り返されている食の流れであり、今年の夏にもまた獅子座 – 水瓶座ラインでしつこいほどに食が起こります

こういう現象自体が、宇宙がいま何を言わんとしているかがはっきりとわかるでしょう。

それは、

自分らしさを生きよ。個性を生きよ。

まず真っ先に私を生きよ。

私、そのままをしっかりと肯定し、

そして自他を尊重し、

そこから自他と和して、共時性の集団を作る。

ということですね。

素直さをそのまま肯定し、自分自身を認め、尊重し、、

そうやって培う自尊心の構築 抜きにしては成り立たないテーマであります

特に “水瓶座” は、”個ありきの集団性” であり、だからこそ、獅子座が必須条件というわけなのです。

これは春分点の水瓶座への移動という地球の一番大きなサイクルから読み取れるものですが、獅子座の食が強調される理由も非常によくわかります。

ただし、個性、個性と言われても、今までの世間常識の信念体系や、自分を抑えて相手主義で生きてきたことに慣れ親しみすぎている私たち日本人には、実はこのテーマ、すごい難しくもあるでしょう

また例えば、だったら自らの相手主義を認めてしまえば、それは自尊心を獲得していると合点できると思うかもしれませんが、

根本的に言えば、「自分は、こう…思っている」という根っこの純真な自我意識には、実は結構な割合で寄り添っていないということが多々あるでしょう

本心なんて出せっこないと

言いかえれば、「本心」に立ち返らないと先に進まないということになります。

本心でないと、社会で役に立てないということです(前回の獅子座月食のおさらい)。

実はこの、”本心(蟹座)” の食も、夏にある獅子座 – 水瓶座ラインとの連続「食」に連なってやってきますので、今年は自尊心の前に、真っ先に本心に立ちかえる作業が必要ということになります

(もう、たたみかけまくりですね; 笑)

とにかく、これが獅子座 – 水瓶座の食が表している「魂」の方向性です。

(しつこいですが、夏にもこれでもかとたたみかけきます〜)

ということで、実際のチャートはどうなっているかというと、

この水瓶座新月の配置は、第1ハウスに天体が集中していること、アセンダントが水瓶座であることが大きな特徴です。

このタイミングで、個性をスタートさせる自分自身に革命のフラグを立てる

そのアクションへの絶好のタイミングとなっています。

そして、その自己実現のための知性や実務的な能力がバッチリ加わり、さらにそのための他者の良好な協力体制もバッチリ備わるということになります。

その流れの中で、縛りの中から魂が真に自由になることへの解放へ向けて、楽しみとワクワクに刺激を与えていきます

そして境界線(縛り)を飛び越えて、大きな理想と夢に向かって、真の自由に向かって、人生をスタートさせることになります。

私たちは、過去の集団性に拘束されていた自己を解き放ち、“I am” の復活のもと、個性と集団性を未来方向へバージョンアップさせていく必要があるということです。

「自分は構わないからとにかく相手のために」は、すでに創造を生まない、形骸化してしまった魚座の時代の価値観となってしまっています。

これからは、「まず自分のために(自己愛)、そして相手のために(利他愛)」という、”バランスを実現する時代(水瓶座 の時代)” の価値観へと、私たちは生き方をシフトさせていく必要があるということです。

まさに自己改革/自己革命をスタートさせるのに相応しく、現在の星々のサポートがあるということですね。

第10ハウスの射手座火星&ベスタが、精神性の成長と進化にメラメラ火を燃やしています。

私たちは、今この時こそ勇気を持ってチャレンジする時であり、自らの魂の神聖さにしたがった発展と拡大に向かって、 挑戦と冒険への強い意志と行動力を発揮していく時となります。

そして、

結果は必ず山羊座土星が用意しています。(その道を選んだ者には)

一番結果にフォーカスするのが、山羊座土星だからです。

特にこの3年間、素直さや自由さ、自分の生きたい人生に対して真剣に生きた者は、2020年の終わりの水瓶座での木星&土星の大会合とともに、地球の次のステージをリアル体現して、この肉体感覚をともなって生きることになるでしょう。

魂と肉体が、真に統合されていくのです。

キーは、もともと持っている「才能と資質です

そこに知識、知恵を駆使して創造活動を行うことで、勝利の女神が微笑みます

今はそれをじっくりゆっくりこの現実社会の舞台で育み、培うこと

そしてより熟成させること。より熟練させること。

城壁の石を、ひたすら一つひとつ積み上げることです

山羊座土星は、「本物」を求めているのですね。

そのことによって、自分自身の今まで味わえなかった自由な楽しみとともに、無限の収入の拡大にもつながっていきます

牡羊座の天王星により、私たちはこの7年間、精神の独立を促されてきました。

そして、今年の5月に牡牛座に天王星が移ることによりその精神の独立性が肉化され、 私たちの資質(才能)と収入に革命が起きていくのです。

個性がお金と生活とキャリアにつながる時代の到来、私たちは大きな節目を迎えるのです。

どうぞ自分を生きることへの第一歩を踏み出してください。

この山羊座土星の期間、土星の神クロノスが支配する “時間” の瞬間瞬間が、”時は神なり” です

 

⬇︎NEW!!⬇︎

☆★イベント・クラス情報☆★

………………………………………………………

自然界(星々)の2018年は春分から!!

・2018年3月21日(水・祝日/春分の日) 10:00〜11:30

『春分チャート解説☆』〈Zoomリアルタイムオンライン講座〉を実施します!

もうかなり、なあなあにできない2018年の本格的なスタートがやってきました。

2018年の星々の動向を知り、1年間の指針と計画を立ててみましょう☆

※zoomリアルタイムオンライン講座について

・インターネット環境があれば国内国外問わずどこからでも視聴可能です。

・当日の視聴ができなくても、5日以内の視聴が可能です。

・お家で楽々、自分の時間を無駄にせずにサックと情報が得られます。

………………………………………………………

そして!!

2018年4月より、『Wisdom of Astrology 占星術クラス』が再スタートします!!

・こちらはよりディープに占星術を理解していき、宇宙と人間との関係性、宇宙と地球との関係性を紐解いていきます。

・私たちの中にあるリアルな宇宙を、自分の生き方すべてを通して発見していくクラスです。

・真に自分を生きたい方、また皆が真に生きる道を歩むことへの占星術的なアプローチやサポートに興味がある方など、オススメです。

・こちらは叡智の基礎と哲学、そして成長の学びとなります。

………………………………………………………

どちらも詳細・お申し込みは、また改めてお知らせいたします〜(≧∇≦)

関連記事