toggle
2018-01-17

山羊座新月『さあ始まるぞ!あなたの本当の力で社会に立つとき』このタイミングがスタートポイント

2018.1.17 11:17 山羊座 新月

お元気様です!

山羊座新月です。

さて皆様、いかがお過ごしでしょうか?

蠍座木星の真価の発揮、縁ある魂との関係性の深まり、関係性の変容、山羊座土星の社会的基盤(仕事、経済)の立て替え立て直し、

皆様、絶賛体験中でしょうか??

前回の蟹座満月スーパームーンでは、水のサインで互いの支配星が鎮座するグランドトライン(大三角)に、第10ハウスの山羊座太陽がカイト(凧の形)になっていました。(結構な強烈なメッセージでした)

これ、純粋にストレートに言えば、「愛」大発展と拡大による社会的な自己実現という意味だったのです。

どういうことなのでしょうか?

 

「愛」による社会の運用…… 

まあ、そういうことなのです。

そのまんまです。

まあ、ここで、どういう感じで心の琴線に触れるかは人それぞれなのですが、この「愛」による社会の運用…… というキーワードにどう思うかで、各自の今後の人生街道において、結構バッキーンと枝分かれしていくような感じかなぁと私は感じています。

だって水の、さらに支配星で、大三角で、スーパームーンで、山羊座の、太陽で、第10ハウスで、オーブ(許容度数)タイト目の、カイト(凧の形)ですから、これはもう…ですよね。

山羊座土星になってから、着々と、虎視眈々に、実際性を持って、いろいろ動いていますよね。

基盤が、経済が、そして仕事が。

経済に関しては、山羊座土星時代になってから、まったくその分野には疎かった私のところにも、別々の方面からちょこちょこ情報が入ってきています。

やはり山羊座土星期間(だいたいあと3年間)で、いろいろ動くような気配がありそうです。

山羊座土星ですから、山羊座らしく、マイホームの土星らしく、社会への影響力を考えれば当然ですが、超絶に現実的なので、逆に人々は、何だかんだいって変わらなかった世の中が本当に変わっていくことに翻弄されるかもしれません

2020年の後半になってくると、もう強烈ですよね。(星的に)

2020年の後半、社会に影響力のある木星&土星が山羊座で大会合(古代においては最大の影響力をもった天体の会合)しながら山羊座をゴォーっとなめていき、そのまま2020年12月の冬至のほんの数日前に、水瓶座に突入します… 

ここから、約20年周期で繰り返される木星と土星の大会合は、「水瓶座」での大会合を皮切りに、「風」のサイン(星座)で繰り返されます。

結構、しょっ中この大会合(グレートコンジャクションともいいます)のことを謳っているのですが、

“What can I say”……

なんですよ。本当に。本当に。。

本当にこのタイミングで、グレートなコンジャクション(会合)だなぁと思います。

要は、個人レベルというよりも、また無意識レベルというよりも、“社会レベル” という言葉がぴったりの木星と土星の会合ですから、それゃあもう、超現実的な社会レベルの変わりどきってやつですよね。

2020年の冬至あたりからが、かなり実際的な水瓶座の時代の隆起のターニングポイントとなっていくと私は予測しています。

まぁ、「二二( 2020)は晴れたり日本晴れ」の「子の年」が2020年だったとしたら、この風の時代の到来(水瓶座の時代)は、五六七の世のリアルな到来とも考えられますかね。

ひふみみよいづみろくの世  

です。

いろんな意味で、実に星々のタイミングとも相性が良いですね。

2020年とは「富士(22)」の年、「夫婦(22)」の年でもあるとも考えられます。いきなりですが、日本の夫婦のアーキタイプをご存知ですか?

ナギとナミ

岩戸閉めの始めは、このイザナギ(夫神)とイザナミ(妻神)が別れ別れになり、一方的となったために岩戸が閉められた… と。

「この夫婦神が、時めぐり来て、千引の岩戸をひらかれて相抱き給う時節来た」

それが 、“フジは晴れたり日本晴れ”  のときとなるのですね。

まさに「うれしうれしの時代の到来」ですね。

もし、こうなってきたら、最高の岩戸開きですよね!東京オリンピックパラリンピックは、そのための最大の祭りのようなものと思えてならず、だって、”奉る”、には “祭り”、が必要ですからね。

これは日本人の魂の伝統ですよね。(刻まれていること)

日(男性原理)月(女性原理)(本来のコンセプトはモチロン違うでしょうが)のロゴもなんだかんだいって揃ってしまっていますし。

あからさま過ぎ〜、過ぎ〜過ぎ〜という感じに思えちゃってならない私です。

(あくまで個人的見解です)

ということで、ちょっと趣味の話にそれましたが、この山羊座土星時代の間に、おそらくかなり実際的な経済システムや仕事についてや、様々な社会基盤などが変わっていくかと思われます。

年が経つにつれて、より顕著かと。

AIはもう既に導入している大手企業もありますし、AI技術は当たり前の世の中になっていくでしょう。どんどん進出してくるでしょうね。

水瓶座って、「高度な科学技術」も表しますから、この山羊座土星(山羊座に冥王星もいて、こっちが本物のコントローラー)時代で、徹底的な社会変革が行われ、そして水瓶座土星時代になって、新しい常識の社会を本格的にスタートさせるという感じになっていくのでしょう。

個人レベルでは、仕事の仕方、お金の稼ぎ方、諸々の日々の日常のルールやシステムについてなど、そういったテーマの内容で、大きな転換を余儀なくされることもありえてきそうです。(というか、ありきですね)

これは別に不安にさせるとかでもなんでもなくて、これからの時代は、本当の仕事、本当の役割における地位、本当の社会的キャリアになっていくということですね。”本心” のといった方がわかりやすいでしょうかね。

いい方を変えると、ハート(心)が実現される時代がついにやって来てしまうということになるのです。

そして、頭ではなく、変容を「体現」によって、この肉体で実感する時代なのです。

エセはもう、より通用しない時代になってきています。

でも、エセ慣れし過ぎて、本当の自分を生きなさ過ぎて、逆にどう生きていいかわからない、またその勇気も、あえてリスクを取って変化させる気力も意味も見出せない。( ←これ、かなり当てはまるかと)

というところが、世間的な現実かと思います。

でも、生き方の基準がまったく正反対違うので、理屈ではないというところが大きなミソですね。

これは「あなたは幸せですか?」といわれて、心から幸せと答えられる生き方なのか、生活も家族も暮らしも物質もそこそこ満たされてはいるんだけど、幸せとは…言え・な・い…かもと思ってしまうのか、ということに関係してきます。

これからは、「心の幸せと、物質の幸せを両方得る」のが水瓶座の時代なのです。

まず自分の中(精神と物理生活)で、win win が築かれていくのです。

特殊な人は別にして、決して、どこかにいきなりすっ飛んでいくのではありませんよ。それは往々にして、現実逃避です。

これは、超、現実世界で起こることであり、今の自分の足で、口で、心で、そのすべてで、ただコツコツハートを実行していった先にあることなんですね。

実行したからこそ、積み重ねたからこそ、絶対的な結果と社会での価値を約束するのが、

まさに、

山羊座 土星

なのです。

ハートを実行しない限りは、多分、これから数年間で変化は感じても、希望や未来はどんどん見出しづらくなるのではないかと思います。

やったことが、そのまま結果につながっていく、なんともすごい時節が到来しているのです。

 

というとこで、本題の今回の新月はどんな感じかということですが、これでもかってぐらい社会性に特化したテーマが示されています。(ほとんどの天体が上半分にあるので)

MCに山羊座冥王星ビタ着→もうこれは、社会生活の場で、本質的な力を発揮する時です。

相当な独自の経歴を作っていく流れです。冥王星は壊して生むですから、その変革の選択をする者は、ここから仕事や社会性の面で強力な変容を遂げていく流れとなるでしょう。

この冥王星のエネルギーは、第10ハウス山羊座太陽&月にもエネルギー的に重なっているので、社会的な仕事や立場で、公私ともに変容にともなうキャリアアップが期待されます。

第10ハウスの山羊座金星は、もう水瓶座の方向を向いていますので、社会の場で、枠組みや空間性を飛び越えていくことにワクワクしているでしょう。

そこで協力し合い、関係し合う縁は、過去世の魂の縁深い人間関係かもしれません。(アトランティス時代〔過去の水瓶座の時代〕のだったり。※ちなみにアトランティスは何回も繰り返されているという見方があります)

社会性の変容にともなって、本質的な力を他者に対して堂々と行使していきますとても生産的に

第7ハウスの蠍座火星&木星ですから、広く社会の舞台で、あなたの真価を発揮しどきとなっています。

神聖な火のベスタは、挑戦と冒険です。

しっかりと協力関係を結べる組織的メンバーと、可能性を広げていくことが聖なるテーマとなっています。

未知なる飛躍の領域に、ぜひ魂の火を燃やしてください。

そして、資格や技術に関する実際的な学びやコミュニケーションへの理解は、より深まっていく傾向です。

また、過去にとらわれた、依存している組織や仲間の場では、感情的な分離を経験しています。

過去にとらわれた、依存している組織や仲間の場で、「個」を認識することが苦痛となっています。

過去にとらわれた、依存している組織や仲間の場で、思いや魂が乗っかっていかない

同時に、組織や仲間の場で、心から望むビジョンを実現したいとう理想を持ちます。

もし、現在の組織や仲間の場で、自己犠牲や、感情の分離(理想と現実のギャップ、全体の中で個を見出せない)を経験しているのなら、その傷を癒しながら(感じつつも)、新たな人間関係の場で、本当の自分の力を発揮して、キャリアアップしていく必要があります。

↑これは非常に生産的な意味を持ちますので、(第11ハウス魚座キロン&第7ハウス蠍座火星&第10ハウス山羊座新月の小三角)意識して活用することで、コンスタントにキャリアアップしていきます。

キロン(トラウマ、苦手意識)の治癒(自らの傷との向き合い)なくして、間違いなくこれからの飛躍は望めませんそのための橋渡し役としてのキロンなのですから。

自らに愛を注ぎ、自らと魂のつながりを呼び覚まし、より精神が成長する必要があります。

潜在意識にある、純粋な精神性(オリジナル)の抑圧は、あくまで自分自身の価値観や才能にしたがったところから物事を始めていくと、統合的された精神の勝利がもたらされます。(AC-パラス・アテナ)

自分自身の価値観や、根本的な才能や資質にしたがったかたちで、創造的な知性や努力を用いれば、実績と勝利がもたらされるのです。(これはあなたの隠されていた女性的な側面が統合されたかたちでの社会での勝利(成功)なのです

創造性や自己表現を地道に育むことを、根底意識に置きましょう!

(やはり、これからアステロイド(女神)の4天体は、より重要な意味を持ってきますね。多分これからの成功というのはアステロイドのエネルギーを呼び覚ますことなくしては語れないでしょう。”愛による社会成功” これには非常にアステロイド天体が関係しています。)

労働の場で、新たな対人関係の環境と役割がもたらされます。

本当の意味での勝利を目指していきましょう。

(それはもう、男性的な武装やガムシャラが主体の勝利ではないのです)

関連記事