toggle
2017-12-31

2017年 「ありがとうございました」

今年1年の感謝

あっという間に2017年も終わりますね。

2017年を振り返ってみていかがでしたでしょうか?

実は自然界(宇宙)のサイクルは、まだ山羊座の太陽の時期なので、2017年は終わっていないというのが本当ですが、

(※太陽黄経0度の春分〔2018年3月21日〕が本当の1年の始まりです)

太陽太陰暦(グレゴリオ暦)では、2017年12月31日をもって2017年が終わります。

私的には、やることに追われる年越し&正月となりそうですが、皆さんはゆっくりと年末年始を過ごせますでしょうかね。

まだ2017年 春分の活動宮グランドクロスの最中なので、“始まる”というテーマは立て続いていきます

来年の春分はどうなるのでしょうかね〜

あっと、ここで、来年の春分から、春分、夏至などの分点至点のチャート解説講座を、リアルタイムのオンライン動画形式でやっていこうかと思っています。

例えば遠方の方だったりすると、わざわざ東京に時間と移動費をかけて来なくても、お家できけるメリットは大きいですものね。

この空間を飛び越えるというスタイル(インターネット)というのは水瓶座的でもあるので、そちらの準備も整えていきたいなと思っています。マイペースながら、一応、予定ということでお知らせしておきます。

さて、この12月、冬至で示された星々の意図の一つに、今後、社会に対して、自分をしっかりと役立たせるための”学び” というテーマがありました。

社会的な立場やステータスをより高めるために、時間をかけて資格や技術を学ぶことや、現在の資格の習熟度を高めることだったり、

また、それぞれの社会生活における実際的な経済的運用の学びだったり、社会的基盤を築いていくための実践実行に対する学びだったりということです。

これは、2018年の春分にも、もろに結びついてくるテーマなのですが、やはり「山羊座」が大きな意味を握るかと思います。

そしてアンカーはやはり土星でしょう。

山羊座は地のサイン(星座)で、そのものずばり「社会性」という意味をもっています。

あなたがこの社会で、責任をもって人々に役立てることができるもの=仕事=社会性ということになります。

ここにこの12月に土星が入り、これから約3年間、あまねくすべての人の社会性(仕事のカタチ)が再構築されていくということになるのです。

冬至の記事でも書きましたが、土星は、点検→修正→補強→安定といった役割を担う星です。

なので、否が応でも、あまねくすべての人の社会性(仕事)に、点検→修正→補強→安定のテコ入れが入ります(現在運行の天体の影響として)。

これは、すでに私のまわりを見渡しても事象はいくつか起こっているのですが、それぞれの善きにせよ悪しきにせよ、現状のままではいかないということになってくるのです。

面白いのは、ここ2〜3年の中でこれから表に出てくる人が結構いますね。

蠍座木星で変容、山羊座土星で社会的地位、2018年後半〜は射手座木星で可能性のスーパーエクスパンションですから。

最近ホロスコープリーディングをした人の中でも、この流れの渦中で、まもなく社会的な頂点に到達するような方が何名かいました。

ただしこれはバースチャートとの兼ね合いなので、個人差は必ずあります。ですが、社会的な地固めというのはあまねくすべての人に影響することなので、個々の社会性がしっかりと根付いてくる時期となっていきます。

星のサイクルでは、現行のカレンダーの暦の2017年12月を節目としませんが、今回は土星の山羊座への移動が大きな起点となっていますので、

2018年は、『堅実』の年となる。といっておいてもよいでしょう。

堅苦しく感じるかもしれませんが、これから2〜3年をかけて、オリジナルの社会的ステータスを駆けのぼっていく人にとっては、着実に結果に結びつけるための堅実さを育むことができるはずです。

あなたのオリジナルさが、社会で認められる時代になったということでもあります。

鍵は “オリジナル” です。

2018年5月〜の天王星牡牛座移動によって、それは明確に示されます。

あくまで自分の価値観(オリジナル)に従うという、地上世界の成功法則が生まれてきます

天王星の移動は大っきいですよ。

天王星=水瓶座=オリジナルの個のつながり=共時性(シンクロニシティ)=普遍的調和=博愛精神

2017年の冬至チャート(2018年 春分までの天の意図)でも、第4ハウス水瓶座 月&ジュノーで、オリジナルの独自性からのつながりや関係性ということに存在の土台の意識を持つことということが示されていました。

天王星しかり、これから数年の間、山羊座、牡牛座など、地のサインに星が影響を及ぼしてきます。

水瓶座の時代が、地上にどんどん現されていくサイクルとなるのです。

方や、某大手企業では、2018年〜のAI本格導入で、大量人員配置替えが行われるそうです。

この山羊座土星時代は、「制限」や「規制」「ルール」にともなう「締め付け」や、人によっては「転落」といったかたちで、社会での生きにくさを感じやすくなる可能性も出てくるでしょう。

ただ、いえることは、「今まで通りとはいきませんよ(土星さんいわく)」ということです。

社会で人が置く基準や価値観の根本が変わっていく時代になるということですね。

そして蠍座木星の今、本当に大きな変容と、魂の強力なつながりに対する勢いが増しています。(年始に、君の名は。がもうTV放送ですね)

あとは水瓶座の時代の普遍的なテーマですが、自己創造を忘れないこと

冬至では第10ハウスに獅子座でドラゴンヘッドと地母神セレスが重なっていました。

社会性において、自らの火を創造することに、無償の愛を注ぐということになります。

堅実に、着実に、自らの火を地上に写し出していきましょう。縁ある人とともに。

 

現行カレンダーでは2017年は終わりますが、星の時間は永遠と続きます。

ひとまず、2017年の節目として、このマニアックであろう私のブログをご拝読いただいた皆さま、

たぶん、何かを感じて?いただいたからこそ、このブログに到達したと思うのですが(笑)

そしてわざわざお声をかけていただき、私に会おうとしてくれた皆さま、

すべての関わってくれた皆様のおかげで、ご縁に支えられた素晴らしい年となりました。

これまでの感謝として、

心から 「ありがとうございます。」

を申し上げます。

 

そして、

また来年も付き合ってくださる方は、どうぞよろしくお願いいたします。

あくまでも私自身に正直に、星々の純粋な意図を伝える者としての役割を全うしていきたいと思います。

 

あとは私の第4ハウスの射手座木星&天王星に感謝。

このゼウスとウーラノスは、私の最高のメンターであり、大元の大元のサポート役です。

いつでも希望を信じる心を持たせてくれます。

そして内なる大いなる女神(女性性)に感謝。

今年は個人的には強力な女神年でしたからね。

欠けていた力を得られたからこそ、自らもより聖なる統合に向けて、成長と進化を遂げていくことができます。

いつも通りマイペースに育んでいきたいと思います〜

2018年は、蟹座のスーパームーン満月からお会いしましょう!

☆★☆★☆★☆★よいお年を☆★☆★☆★☆★

関連記事