toggle
2017-11-17

蠍座新月『本物の関係性のために、生まれ変わる個のために』

2017.11.18 20:42 蠍座 新月 

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

 

蠍座新月となりますが、蠍座強調のタイミング…そうよね、そうこなくっちゃね、らしいよね…と思わせてくれる、何かと強烈な時節となっているようです。

 

占星術では、星座に支配星というのがあって、簡単にいえば各星座とエネルギーが相似する天体のことをいうのですが、

 

蠍座の支配星は、「冥王星」と「火星」ということになっています。

 

今回の新月のタイミングでは、あからさまでしょ(苦笑, 爆汗;) みたいな感じで、蠍座で新月となった太陽と月を尻目に、この2つの天体ががっつり主張し合っている宇宙模様です。

 

IC天秤座火星が非常に気になったのですが、第6ハウス山羊座冥王星がそのIC天秤座火星に90度(プレッシャー)の位置となっています。

 

これはまさに、トラブル勃発(汗;)アスペクトであり、占星術的には戦争や事故、災害などを喚起させる天体配置とよくいわれているものです。

 

(トラブらなくていいんですよ、トラブルがないに越したことはありません ^◇^; )

 

世界に視点を向けると、中東の地震や韓国の地震など、火星と冥王星の90度の影響が地震災害と重なっているような感じですね。日本でも軽く地震が起きていますけど。

 

蠍座の時期ですから、地下に溜まっている旺盛なエネルギーということで地震が表現されているのかもしれません。

 

俗世間的なトピックでは、相撲界の横綱 日馬富士の暴行事件のニュースがタイムリーといったところでしょう。

 

この事件も、どういう状況でどうだったかという実情がよくわかっていないということが、これも “隠されている” という性質を持った蠍座の時期らしく感じます。

 

この火星 90度 冥王星の影響が、実際に、より私たちにおいてはどう影響するのかですが、IC “天秤座” 火星ですから、

 

とにかくこのタイミングで、広い意味での “対人関係” で事故が勃発しているような、何やらトラブルやバトルが起きているような気配が満載なのです。

 

(繰り返しますが、トラブらなくていいんですよ、トラブルがないに越したことはありません ^◇^; )

 

とかいっている私も、すでにこの火星 90度 冥王星の影響をもろに体験しましたので、直後にこの記事を書いていますから、リアル体験報告に沿いながらの蠍座新月のお知らせとなります(笑)。

 

ICは第4ハウスの起点ですので、対人トラブルやバトルはあえてピンポイントでいうなら、家族関係や家庭内、身内同士で起こることかもしれません。

 

冥王星の強烈なエネルギーが火星を強力に刺激しますので、偏った攻撃性が出てきやすいでしょう。

 

それが身内のパートナーや協力関係、または恋人同士、ライバル同士、さらに人間関係全般にも影響が及ぶ可能性があります。

 

(また繰り返しますが、トラブらなくていいんですよ、トラブルがないに越したことはありません ^◇^; )

 

簡単に言えば、喧嘩とか言い合いなのでしょうが、この16度台付近の天秤座の火星は、平和的なバランスに純粋にエネルギーを注ぐというよりは、

 

反対側の牡羊座の個人の主観が入り込むことによって、平和的なバランスが一時的に崩れるというポイントでもあります。

 

なので、その主観(独自性)の主張をしすぎることによって、今回においては関係性のバランスが崩れるような気配なのです。

 

どっちかがやり過ぎてしまう。

 

(さらに繰り返しますが、トラブらなくていいんですよ、トラブルがないに越したことはありません ^◇^;  平和を選ぶことももちろん選択できます)

 

心理的にはかなりキツいでしょうが、でもこのトラブルも自然の采配ということで、トラブルを起こした自分も相手もしっかりと認め、ジャッジではなく、出来事をただ観察し、受容していくことが大切でしょう。

 

私はこういう時にこそ、とにかくホ・オポノポノですが、言葉の力は本当に大きいのです。

 

原初のサウンドヒーリングは言葉ですから。

 

今回のトラブル的な出来事(なくて全然よいんです)は、もし深い関係性の中で起きている場合、第4ハウス蠍座金星&木星の影響も考えられます。

 

この蠍座金星は、愛する限られた人との交流で深くつき合うことを望みますが、蠍座的な愛(深く同一化していく愛)が強まるにつれて、愛情面でいくつかの手痛い体験が必要となってくるのです。

 

そして隣の木星が、手痛い体験を大げさにするともいえます。

 

この体験が中途半端だとトラウマになりやすいのですが、やはり蠍座ということで、極端な(キツい)体験が必要とのことだったのでしょう。

 

嵐のような、または破壊のように感じるかもしれませんが、とにかく、「この過程を誠意を持って経験します」とインテンションするしかないですね。

 

当たり前ですが、自然界(宇宙)ありきの人間ですから、私たちは天の意図に照応しているというシンプルな仕組みです。

 

そして、それには必ず意味があるということです。

 

それは私たちがより成長する(変化する、進化する)ためにということですが、人間界でトラブルという現象が起こったとしても、また他では、ちゃんとサポートしてくれている存在たちがいてくれるのです。

 

それが女神になぞらえる、小惑星の存在ですね。

本当に重要な存在です。

 

それぞれの女神たちの天体の位置が非常にさりげなく、且つ、ちゃんと重要なメッセージを示してくれているのです。

 

なので、まず “関係性においてトラブルが起きた後も、しっかりと深い絆を結ぶことがマスト” となっています(第4ハウス蠍座ベスタ)。

 

それによって、アップデートされた良好な関係性の発展へと向かっていきます(第4ハウス蠍座木星&金星)。これは深い絆を結んだ愛に保護が働くということです。

 

そうしてきてようやく深いつながりとともに、関係性とともに、公私ともにクリエイトが始まるタイミングとなります(第5ハウス蠍座新月)。

 

蠍座だからこその、「破壊はセットだよ、当たり前じゃん、でもそれは生むためだよ」という感じです。

 

この第4ハウスから第5ハウスの流れを見ていても、関係性の基盤がとても大事だということが伺えます。

 

ドープな深い意識の部分にアプローチすることを、今回は望んでいるようです。

 

また、自己表現や愛情表現を上手にこなしていけるよう育むことと、しっかりと成長のための向上心をクリエイトすることで、

 

基盤として、さらに洗練された関係性を図太くしていくことに生産性が増していくでしょう(第1ハウス獅子座セレス&IC天秤座火星&第5ハウス射手座水星の小三角)。

 

対人トラブルをトリガーにして(トラブらなくて全然よいんです)、本来の素性を浮き彫りにし、そこを見つめるということが必要なときなのでしょう。

 

現実活動のすべてにおいて、人間関係やパートナーシップの変容を完全にするために、結構厳しめですが、とても実利的な変革力が働いています(第6ハウス山羊座冥王星&ジュノー)。

 

新たな自己完成に向かって、今は理解を深め、精神成長することによってグラウディングする時期となっていますので、

 

この時期は酸いも甘いもしっかりと経験することが必要のようです(第6ハウス射手座土星、第4ハウス蠍座木星)。

 

来月12月には射手座の土星も山羊座に移ります。

 

ここまで約2年半かけて一歩一歩着実に成長してきたことがあれば、それが結果として表されるのももう間もなくとなります。

 

そして山羊座土星時代によって、現実の転換を迎えるということです。

 

今年後半から来年後半までは、蠍座木星と相まって、さまざまな極端体験を経験しながら新たな礎を築いていくことになります。 

 

本物の関係性のために。生まれ変わる個のために。

といった蠍座新月です。

 

ディープですね〜

 

こういった時期は、極端なら極端なりにバランスを見出していくためにも、意識的に軽やかなマインドセットを心がけていきましょう!!

 

 

⬇︎  冬至イベントのお知らせです  ⬇︎

『2017年 冬至から2018年 春分までの3か月をどう過ごす??

冬至チャート解説&クリスタルボウルと星々の音のサウンドヒーリング冬至瞑想』 

 ………………………………………………………………

あっという間に今年最後の12月となります。

占星術的には、2017年最後の節目である冬至は、2018年春分までの残り3か月間の指針となるタイミングです。

さらに今年は、影響力の強い天体イベントが重なり、冬至が12月22日、そのほんの2日前の12月20日に土星がホームグラウンドの山羊座に帰ってくるのです。

土星の力が強力に強まる時代の到来。

それは、 “常識と基盤が変わる時代の始まり”。

また、今年の冬至のタイミングでは、山羊座に入りたての土星に、さらに山羊座に入りたての太陽がぴったりと重なります。

この星々の強調された意図とは??

新たな時代のスタートともなるような節目と同時に、今年の締めくくりと来春に向けての準備をするタイミングです。

山羊座土星時代にしっかりとフォーカスしていきながら、星々とともに、春分までの計画をしっかりと立てていきましょう!!

 

日時: 2017年12月23日 (土・祝) 10:00〜13:00

料金: 6,000円

場所: 田園調布 長田整形外科 リハビリルーム

講師: ウェルビーイングクリエイター 杉山洋一

内容: 2017年12月22日冬至ホロスコープチャート解説(レポートお渡し)

※山羊座土星時代と2018年春分までの流れ

クリスタルボウルと星々の音の冬至サウンドヒーリング瞑想

予約&お問い合わせ: denensugiyama@gmail.com

 ……………………………………………………………….

 

関連記事