toggle
2017-07-24

理屈はいらない。ただ、自分が生きる道を「やる」「やる」「やる」。(2)

2017.7.23 18:46 獅子座新月 

 

理屈はいらない。ただ、自分が生きる道を「やる」「やる」「やる」。(1)はこちら

 

はい。では今回の新月チャート解説いきます。※とか言って解説になっていないかも(笑)

 

まず、なぜ今年、獅子座の新月が2回あるのか、さらに、なぜその2回の獅子座の新月の間の水瓶座の満月で、それが部分月食をともなっているのか、そしてなぜ2回目の獅子座の新月は皆既日食をともなっているのか。

 

要は、まずなぜそうであるのかという天の意思を汲み取らなければ何も始まりません。

 

あと今さらですが、ホロスコープは二次元の平面の世界です。ですが、宇宙に飛んでいけば、そこは立体以上の世界です。なのでホロスコープの世界をさらに説明するならば、「多次元の立体の世界をなんとか二次元に落とし込んでいる世界」です。

 

実際的にも物理的な宇宙の法則と秩序によって規則的な動きを成している、太陽系というシステムが運行されている現実があります。デカルト以降の科学では、それはAstronomy(天文学)でその断片を理解できます。

 

ただし忘れてはならないことが、私たちの時間(暦)、体内リズム、組成にいたるまで、すべて太陽や月などの宇宙の存在と連動しているということです。これが「ミクロコスモスとマクロコスモスの照応」です。

 

ホロスコープ占星術自体は、長い歴史の中で各天体の公転周期やそれぞれの天体が織りなす位置関係を時代の変遷にともないながら二次元化されてきていますが、そこには多次元の階層の情報があり、地球という個のレベルの情報から、人という個のレベルの情報までが立体的に表されています。

 

そして本来は立体的に解釈していくのが自然なのです。なぜかというと、私たち生命の存在そのものが「立体的(体・心・魂)」だからです。

 

まだまだ多くの人が占星術について短絡的、断片的のみの解釈、理解であったり、戒律的な解釈、理解をしているように感じます。それが悪いとかではまったくないのですが、そこに魚座の時代の信念体系が入り込むので、依存、責任転嫁…云々云々…もうややこしいったらありゃしないという感じです(笑)

 

ひふみには「低い世界は戒律なくてはならんぞ、人民の頭で、戒律と秩序、法則をゴッチャにして御座るぞ」という言葉があります。

 

ややこしい戒律遊戯になって、こーだあーだとブツブツ言いたらしをやるために占星術があるのではないのです。それは叡智を活用した本来の到達しうる世界ではないでしょう。これは占星術に限らず、すべてに共通することですが。

 

 

結局、、「自分を信じることを根底にやっていない」

 

 

あーだこーだいう人はだいたいこれです。星をあーだこーだ言うおかずに使う前に(使っていいのですが)、自分を信じて、何か自分が信じたことを勇気を持ってやってみてはどうでしょう。結局あーだこーだ言って、自分を信じてチャレンジしない人は、ただ負け惜しんでいるだけなのです。

 

結局これも、実は “自己犠牲” となります。アウトオブサインで魚座のキロンと今回の獅子座新月は120度ですので、自分の本心にフォーカスしないで、どこかに転嫁してあーだこーだ言ってやらないという行動を取っている以上は、自らの魂の傷を深めることになります。

 

この獅子座の新月は、火星と0度、さらにドラゴンヘッドと水星も獅子座で、社会に向けての第一歩の7ハウス。ワガママを言っていくというよりは、「自分を信じて、開始せよ。そのための自己主張をせよ。」というタイミングですね。許容範囲を広げるならば、土星・天王星・水星・ドラゴンヘッドの火のグランドトラインもあり、まさに新しい課題に対して燃えるというタイミングです。

 

もう量子力学的な見地では「Believing is Seeing:人は信じるものを見る」とまで言われています。どんな選択でも、それを見るということです。

 

自分にフォーカスし、自分にフォーカスし、自分にフォーカスする。とにかく自分にフォーカスし、自分を信じて生き始める。

 

 

とにかく 「ぶつくさ言わずに、やりたいことを、自分を信じて、勇気を持って、やる!」

 

というのが、ちょうど今回の獅子座新月のタイミングじゃないでしょうか。ぶつくさ心の中で思っている時期はもう過ぎています。獅子座でやりすぎたことは乙女座の時期でちゃんと調整されるようにできているので、「行動しない選択」は調整しようもありません。

 

ヒントは「素直さ」。

 

自分への「素直さ」。

 

これって大人は難しい(笑)

 

なぜ今年、獅子座の新月が2回あって、なぜその2回の獅子座新月の間の水瓶座満月が蝕で、なぜ2回目の獅子座新月も蝕なのかという、その天の意思は何!?という解説は、またどこかで〜

 

このチャートもすごいメッセージなんです。

 

関連記事