toggle
2017-05-27

双子座新月『個性化への布石』

2017.5.26 4:44 双子座新月 

 

今回の新月は近地点の新月ですね。今年一番地球に近い新月ということで、ここに双子座へのマインドセットの質がすごくテーマ付けされているようです。

 

しかもアセンダントとコンジャクションで、時間が4:44、双子座4度台での新月。4は天使の数字なので、この新月はたくさんの天使たちが関係しているかもなと思いを巡らせる次第です。

 

今回の双子座新月では、牡牛座太陽の時期に牡牛座水星逆行を経験して、蠍座満月を経験して、顧みるに顧みた己の感情や価値観を基に、自分の資質のプリミティブなところをこのタイミングをもって最大限に外界へ押し広げるということが鍵でしょう。

 

“自己の本質的な才能や能力を限界まで押し広げる” その「始まり始まり〜。」のタイミングということですね。

 

しかも大切なポイントとして忘れちゃならないのが、第1ハウス双子座にある「セレス」です。

 

私はアステロイドの女神たちを重要視しますが、それだけ女神の称号をもった小惑星たちがこれからの時代にはキーポイントとなってくるということです。

 

これはすでに始まっている女性性・男性性の統合の時代 (水瓶座の時代) にとても関係していて、重要な役割りをもっている星々だからです。

 

セレスはローマ神話の農耕の女神であり、養育の女神です。すべての人々に食物を与え養う大地母神であり、何の見返りも求めない純粋な愛情を表す星でもあります。

 

このセレスが表すテーマは、「自分自身の内面にある未発達な意識や才能、長期的な作業を伴う仕事や芸術作品などを “育てる”、 “成長させる” 」ことであり、その能力の開発をまさに今「スタートさせる」ということです。

 

双子座自体の性質は風のサイン (関係性やコミュニケーション)といいつつ、牡羊座&牡牛座を内包していますので、主体性という自分軸があります。だからコミュニケートしますが、それは自己発信のための自発的なコミュニケートなのです。

 

天秤座や水瓶座ほど他人を気にしている段階ではないので、この新月はセレスとの会合で、とにかく自己の能力を最大限に押し広げることに無償の愛を注いでよい。ということです。

 

やはりポイントは「セルフラブ」なんだとしっかり伝えてくれます。

 

だから、まずちゃんと選択の軸は「自分」にあれということです。めいいっぱい自分の能力を “ズドーンと打ち出す” 必要性があるということですね。

 

それが今回、近地点の新月ということで、そのテーマに対して「質=本気度」も求められるということです。

 

双子座には火星もあるので、自分の中の興味や好奇心に対しても意欲の燃やし時って感じですね。この双子座新月をアンカーにして個人が外に飛び出していく感じでしょう。

 

これは夏に2回ある「量」が強調される獅子座の新月につながっていきます。そう、 まさに “個性化” の流れへと向かってですね。

 

また双子座は、移動、伝達、俊敏さ、能動性です。とにかく自由に行ってみる、やってみる性質なので、まずはやっちゃうことですね♪  そしてダブルボディードサインということで、一つのことを一点集中じゃなくて二個以上同時進行でスタートですね。

 

だから一気にやること増えたって感じなのですが。。私は双子座の月なので(汗)。

スピードとキャパを考慮していきましょう、。

 

この双子座アセンダント新月セレスは、YODの頂点になっている天秤座木星にもトライン (発展と調和) しています。

 

個人の自由な発展に対してとにかく自ら愛情を注いで成長させることによって、人間関係やパートナーシップの発展と拡大も見込めるということですね。

 

「強く転じなさい。個性化のために。そして個の調和のために。」 そんな「風」のエレメント強調の新月です。                

関連記事