toggle
2017-05-22

スタート。

5.21太陽双子座入宮

 

こんにちは。杉山洋一です。

 

なんだかんだ衝動に駆られ、スタートしてしまった個人アカウントのブログ。

 

まずこの現実化に至るのも、職場のクリニックの仲間である金井田さん(牡羊座)に尽力をいただいたからこそでした。人は人によって生かされていますね。やはり生きてく上での財産とは、人とのつながりだとつくづく思わせる体験でした。

 

ここまでの過程を軽く説明すると、私がちんぷんかんぷんなPCの内容を彼がサササッと設定してスタート(牡羊座の彼なので)させてしまったのですが、自分自身、ブログについてはそんなに意気込んでいたわけでもないのに、いつの日からか彼に「個人ブログをしたい」なんてふわっとした気持ちを発言していまして、そしたらこのタイミングでなんか始まってしまったんですよね。

 

なんかアンニュイな感じですが、でもこれは今後の自分にかなり意味があるんだろうなぁと思っていました。そしたらこのタイミング、そうだ、そろそろ双子座の時期じゃない?と思ったわけなんですよね。

 

いつもバタバタですが、ここ数日バタバタさが1.5倍ぐらい増したと思ったら、やっぱり太陽が双子座へイングレス(入宮)するタイミングだったみたいで。自分のホロスコープチャートには天職を表す10ハウスに双子座の月があるので、双子座は情報発信や伝達、通信、コミュニケートを担いますから、まさにこれ(個人ブログ)だと合点。

 

きっと社会生活に関係することだろうな〜。自分もリアルタイムに個性化時代の始まりだな〜。と思いつつ、この一発目の記事を書き始めたのはちょうど双子座に太陽がイングレスする日でしたね。(記事公開は次の日ですが)

 

自分のネイタルチャートとトランシット(運行)チャートの双子座に太陽がイングレスした瞬間を重ね合わせてみると、

 

出た。〝YOD〟のアスペクト。

※ヨッド(Yod) 別名 ” Finger of God “「神の指」; 明確なターニングポイントが存在する事があり、生涯においてその前半と後半では全く異なる生活を送ることも珍しくない。運行の天体により、自分の望んでいない選択しかできない状況に追いやられる。 両面的価値があり、不愉快なことが続いても、その後、もともとあった問題に対する思いもよらなかった新しい方向の解決策がもたらされる可能性がある。すべてを神の意志として受け入れ、「生」の感謝で満たす。

 

あたかも神がコントロールしているかのような宿命的な配置というやつですね。正確にはネイタルの天秤座-冥王星と射手座-海王星のセクスタイル(60度)に、トランシットの双子座に入る直前の牡牛座29度の太陽を頂点にしてインコンジャクト(150度)し、かなりタイトなヨッド(二等辺三角形)を形成していました。

 

このヨッドのアスペクトを少し緩い角度で観察すると、頂点のトランシット太陽にはトランシットの牡牛座-セドナがコンジャクション。ネイタルの冥王星にはネイタルの蠍座-土星がコンジャクション。ネイタルの海王星にはネイタルの山羊座-ドラゴンテイルとトランシットの射手座-土星がコンジャクション。

 

これらのコンジャクションをすべて含めた場合、星座の概念を入れる正確なヨッドとは言えないのですが、互いの天体だけでつながり合う配置で見れば、なんかもうキョーレツ極まりないですよね、。

 

冥王星と海王星とドラゴンテイルでもって、強烈な魂の昇華のイマジネーションを描き、さらに両側にいる土星がそのイマジネーションを現実へ根付かせるためにアンカー(杭)を打ち込み、そこから太陽とセドナに向かうことで劇的な魂の進化を遂げる、大躍進の自己実現を達成する。という意味…

 

これ、別に素直に読んでいるだけなのですが、超ヘビー級のヨッドですよね。公転周期の遅い天体が結構関係していて、さらにカルマ(魂の成長)に関係する天体が多いので、このブログに至る経緯はやはりこれだったかと思いますね。

 

特に公転周期の遅い天体の衝動を顕在意識レベルでリアルに感じとれるのは相当難しい(というか不可能)といわれていますが、今回は外側から何か自己実現に向けたステップのやんわり衝動を感じていたので、このヨッドの影響だったんだなと思っています。

 

ちょい先ですが、5月26日の双子座新月もとても意味あり気ですしね。まあ、とにかく無事に一発目の投稿ができて何よりです。

 

これから私、杉山洋一の趣味でもあり仕事でもあり、魂の使命でもある星々の情報(宇宙の叡智)を中心にバンバン発信していくので、どうぞよろしくお願いします。

 

主に占星術の事、宇宙のこと、音のワークのこと、ベジーなこと、holy(健康)のこと、holy(神聖)なこと、水瓶座の時代に関することなどなどを紹介していくことになるかと思います。また興味があることは何でもこのブログで紹介していくかと思います(気分屋なので)。

 

ということで、水瓶座の時代に至る個性化の流れの第一歩としての「スタート。」を始めさせていただきます m(_ _)m

 

2017年5月21日 太陽双子座入宮 吉日

 
関連記事